発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オホーツク発 福祉継続助ける 朝日新聞より

     
 

■障害者の将来 託す記録
■オホーツク発 福祉の継続助ける

 

もし、障害のある子どもが親の亡き後、独りぼっちになったら――。

こうした不安を少しでも解消させたいという試みが昨年2月、オホーツク地方で始まり、全道に広がりを見せている。

 

自閉症の子を育てる母親らが、子どもの成長記録、相続の考え方、人脈マップなどを記入する冊子「親心の記録」を作成し、普及に取り組んでいる。

将来に「希望」を託す命の伝言。

各地で影響を受けたご当地版も誕生している。

 

■親がつづる「支援ノート

 

「本人が自分らしく生きていけることが望みです。私たち夫婦に生まれてきてくれて本当によかったし、私たちも強くなり、成長し、優しく、幸せになれました。ありがとう」

 

オホーツク版「親心の記録」には、記入例文を書いた手引書がある。

冒頭の文章は最終章「子の人生について願うこと」に関した親の記入例だ。

作成したNPO法人網走市手をつなぐ育成会(阿部有市代表理事、会員35人)が標準モデル(両親は60代、障害者の子どもが20代)を想定した。

 

「残された子どもが福祉の手から漏れるのが一番怖い。子どものことを分かってもらいたい、そんな思いで作りました」と自閉症の子を育てる同会理事の渡部智子さん(60)は語る。

 

発端は、2008年9月に札幌市であった知的障害の子を育てる親や福祉関係者で組織する全日本手をつなぐ育成会(東京都港区)の全国大会。

千葉県船橋市の育成会が同年1月に作成した「親心の記録」という親の亡き後の記録集の報告を会員が聞き、「ぜひオホーツク版を」と考えた。

 

「この時期、会員の母親が交通事故や心臓の発作で急逝する事例が続き、10代後半の子どもが残されました。親が亡くなった後の福祉の継続が課題となりました」と事務局長の小西栄理さん(47)は振り返る。

 

船橋市の育成会に冊子の継承を申し入れ、09年3月からオホーツク版の検討を始めた。

「成年後見人の依頼や相続手続き、福祉関係手続きでも、これ一冊あればスムーズに出来る」と司法関係者や公証人も高く評価する冊子が10年2月に出来た。

 

会では普及活動にも取り組んでいる。

事務局長の小西さんは昨年度、道内21カ所で「勉強会」の講師役を務めた。

「各地で親心の記録が継承され、ご当地版が生まれています。親や行政機関からも問い合わせが絶えません。安心して暮らせる地域づくりの一助になればうれしい」という。

 

一方、課題も見つかってきた。

 

今年3月11日の東日本大震災。

災害時に子どもをどう守るか。

 

網走の育成会では「親心の記録」に書かれた支援マップから会員の緊急避難場所を把握する取り組みを始めた。

また、「親心の記録」の保管場所を、支援を託す人に伝えるという検討も進めている。

 

網走市手をつなぐ育成会の活動の詳細は、同会のホームページ(http://abaiku.web.fc2.com/)。
(加賀元)

 

知床財団提供の親子アザラシが表紙を飾るオホーツク版「親心の記録」。
口コミで延べ1200冊の注文が全国からあった=網走市

 

 

「親心の記録」の普及のため各地で開く記入体験の講師役を務める
網走市手をつなぐ育成会事務局の小西栄理さん=北見市

 

 

 

■各地で多様なご当地版

道内で発行されている主な「支援ノート」を調べてみた。

 

相続手続センター札幌は障害者向けの「親心の記録」のほか、一般人が自分の死後を見据えて人生の記録や遺産、遺言について書き込める「まごころの記録」も作った。

 

社会福祉士会釧根地区支部作成の「マイノート」は、誰もが記入出来る「万能型」。

点字での記入メッセージも添えた。

自身の歩みと遺志まで届けることが出来る。

 

北斗市や芽室町が作成する「療育カルテ」や「子育て支援ファイル」は、発育の記録、医療の記録などが記入できる成長ノートだ。

「学校、医療機関などが変わるたび、一から説明するのは大変」という障害児の親の悩みから生まれた。

「医師や教師など第三者も記入できる。生涯にわたる支援も大事だという願いから生まれました」と、北海道自閉症協会道南分会の葛西るり子会長は語る。

 

 

 

 

朝日新聞より
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001107190008

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

[ 2011/07/20 21:04 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)

絵カード被災地に 山陽新聞より

     
 

絵カード被災地に
岡山大付属特別支援学校生が製作

被災地に送る絵カードの準備に励む岡山大教育学部付属特別支援学校の生徒たち
被災地に送る絵カードの準備に励む岡山大教育学部付属特別支援学校の生徒たち

 

岡山大教育学部付属特別支援学校(岡山市中区平井)に通う知的障害児らが、東日本大震災で被災した同様の立場の子どもたちを支援しようと、学校生活でコミュニケーションに使う「絵カード」を送る準備を進めている。

知的障害や自閉症など発達障害児は言葉を使って自分を表現したり、相手の気持ちを推し量るのが苦手で、絵カードは療育現場に欠かせないツール。

19日には、完成した4セットを宮城県気仙沼市の県立気仙沼支援学校に発送する。

 

絵カードは「学校」「公園」「机」などの場所や物、「食べる」「好き」などの行動や感情を表現。コミュニケーション能力向上につながるとして米国で開発され、日本でも全国の支援学校などが取り入れている。

 

高等部2年生8人が「被災地の支援学校は絵カードも失われ、生徒は困っているはず」と考え、4月から準備に取り掛かった。

業者から取り寄せた絵カード用紙を4・5センチ四方に切り分け、72種類の一枚一枚を傷まないようラミネート加工。

持ち運びしやすいようA4判ファイルにまとめて1セットとした。

現在7セットが完成。気仙沼以外の支援学校のためにも今後も製作を続ける。

 

担任の井上寛規教諭(32)は「障害のある生徒たちが『大変な思いをしている被災者のために』との意思を示し、行動したことは大きな進歩。

思いやりの気持ちが今後、一層芽生えてくるのでは」と期待している。

 

 

 


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

[ 2011/07/20 19:32 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)

障害者の震災対策で討論 宇都宮 下野新聞より

     
 

 

東日本大震災の影響を教訓に、災害時の障害者支援の在り方を考えるパネルディスカッション「災害障害者」(栃木障がいフォーラム主催)が8日、宇都宮市のとちぎ福祉プラザで行われた。

県内の障害者団体の代表ら5人が避難所や、計画停電時の障害者の苦難を報告。障害の特徴に応じたケアの重要性が浮かび上がった。

 

宇都宮市自閉症児親の会の原田久美子会長は「計画停電の際、予定時間に停電にならなかったため、パニックを起こす子どもが結構いた」。

自閉症は想像力やコミュニケーションの障害がある。原田さんは「障害に合わせた対応が可能な福祉避難所を用意してほしい」と訴えた。

 

栃木頸髄損傷者連絡会の斎藤康雄会長は体温調節などが困難な障害の特徴を挙げ「独立した福祉避難所も重要だが、健常者と同じ避難所の一角に、配慮した場所を確保してもらう方がいい」と話した。

 

県聴覚障害者協会の稲川和彦会長は「テレビが情報源だった高齢者は、計画停電の意味が理解できなかった」と情報確保の難しさを吐露。

 

県精神障害者援護会の興野憲史理事は「精神障害者は薬がない場合、一般の人が想像できない行動をとることがある。避難所ではトラブルになっている」と肩を落とした。

 

非常食に配慮を訴えたのは、県腎臓病患者友の会の竹原正義顧問。

「塩分の多いおにぎり、カリウムが豊富なバナナは、透析患者が食べられない」と理解を求めた。

 

 

下野新聞 7月9日より
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20110709/560516

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

[ 2011/07/13 18:53 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)

心の危機防ぐ・癒やす 福島メンタル支援に同行 中日新聞より

     
 

津波被害と原発事故で二重のダメージを受けた福島県の子どもたちのために、東海地方の臨床心理の研究者や児童精神科医らのチームが継続支援を手掛けている。

精神的な危機を予防する心理教育や、さまざまな困難さを抱える発達障害児への手助けなどだ。同県相馬市での支援活動に同行した。(編集委員 安藤明夫)

 

 

学校 心理教育の訪問授業

 

画像
自閉症の青年の母親(手前)から相談を受ける辻井正次さん(右)と山村淳一さん=福島県相馬市の授産施設で

 

相馬市の中心部にある県立相馬高校。

2年生のクラスで、中京大教授の辻井正次さん(発達臨床心理学)が教壇に立った。

 

「みんなの心の調子はどうかな?」と、絶好調から絶不調まで7段階で挙手を求める。

クラスの雰囲気は明るく、津波で家族を亡くした子も元気に発言して場を盛り上げている。

大半の生徒が「好調」「まずまず」の段階で手を挙げた。

 

 

続いて、5、6人の班に分かれて、自分の「いいところ」を思い付くままに挙げていく。

 

飛び抜けた長所ではなくても、遅刻しない、あいさつできる、などでもOK。

さらに「悪いところ」を挙げ、「苦手な分野でも多くの場合は適応して行動しているし、ギリギリセーフで行動できれば、いいところになる」と前向きな考え方を植え付けていく。

 

つらい、悲しい、苦しいといった感情をひきずるのは良くないから「テレビのチャンネルを変えるように、感情を切り替えるのが大事」と教え、リラックスの方法、相談することの大切さなどを指導。

被災の問題には触れず、思春期に抱えやすい心の問題への対応法を説いた。

 

「予防のための心理教育です」と辻井さんは説明する。

 

 

「この年代の子どもたちは、自分がおかしいから相談に行けと言われても受け入れられない。調子が悪いから良くする方法を教わるという意識付けをしたい。周りの友達が『そうだよ。相談に行くほうがいいよ』という雰囲気になればいい」

 

 

支援チームは、浜松医科大子どものこころの発達研究センターを主体にした10人。

客員教授を務める辻井さんと、特任教授の杉山登志郎さん(児童精神医学)は、4月下旬に福島県内の小中高校の教職員400人余りを対象に、子どもの心のケアについて講演した。

その際に支援の要望があった相馬高校に、6月から辻井さんらが毎週1回通い、心理教育を続けている。

 

震災による心の傷が精神的な影響を及ぼしやすいのは、これからの時期。特に福島は原発の問題もあって教職員の疲労も大きく、支援の必要性が高いという。

今後、小・中・高校別に心理教育のプログラムを作り、2学期から福島県内の全学校で実施することを目指している。

 

授産施設 障害者の混乱に対処

 

画像
「ゆうゆうクラブ」で放課後のひとときを楽しむ特別支援学校の子どもたち=相馬市で

 

 

続いて訪ねたのは、同市内の授産施設。

利用者の自閉症の青年(22)が不安定になっている、という相談を受けた。辻井さんと浜松医大特任助教の山村淳一さん(児童精神医学)が施設職員や母親の話を聞いた。

 

この青年は、休日に海岸部の広い公園を歩くのがお気に入りの過ごし方だったが、震災で公園が閉鎖されたうえ、放射線の問題から屋外で遊ぶことも親に止められた。

生活のリズムが崩れ、睡眠も乱れ、作業時間中に外に飛び出したり、他の利用者につかみかかるなどの問題が出ている、という。

 

山村さんは主治医と相談して薬の量を調節すること、新たな休日の過ごし方を見つけることを勧めた。

環境の変化に対応することが苦手な発達障害の人たちには、震災のダメージは大きい。

 

この日最後の訪問先は、4月に開設された障害児の放課後拠点「ゆうゆうクラブ」。

児童デイサービス機関が放射線量の影響で運営できなくなり、放課後の行き場を失った特別支援学校の子どもたちのために、有志で立ち上げた。

休業中のカルチャーセンターを無償で借り、小3から高1までの7人を受け入れている。

 

今後の運営について、辻井さんや地元の行政関係者も交えて会議。

緊急の課題は「夏休み対策」だった。

特別支援学校が夏休みに入ると、放課後拠点だけでは対応できなくなる。

 

 

福島県福祉事業協会の相談支援アドバイザー四条拓也さんは「短期入所できる施設もなく、日中の預かり体制を早急に考えていかなければいけない。震災後、各地に避難していた人たちはかなり相馬に戻ってきたが、さまざまなサービスが機能していない」と訴えた。

(2011年6月21日) 【中日新聞】

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20110622161345649

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

[ 2011/07/01 18:58 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)

避難所でこつこつ詩作、作品出版へ 軽度知的障害の佐藤さん 河北新報より

 

 

 

 
 

命はやがて海の目となり、生き残った私たちを見守ってくれる―。

 

 

軽い知的障害のある岩手県山田町の佐藤啓子さん(33)が、東日本大震災の直後から避難先で詩を書き続けている。

 

漢字に当て字を使いながら、独特の文体で復興を願う詩集は「海をうらまない(仮題)」のタイトルで出版されることが決まった。

 


佐藤さんは山田町船越地区の「ケアホーム希望」で生活していた。

震災当時、仲間や職員らと高台で作業をしていたため全員無事だったが、施設は南北から津波の直撃を受けて浸水。

全壊した別の施設の入所者を含め40人余りで町内の避難所に身を寄せた。


 

 

山田湾を見下ろす避難先の自室でノートに向かう佐藤さん=14日、岩手県山田町

 


4月中旬、山田湾を見下ろす元ホテルで仲間たちと仮住まいを始めた。

 


愛読していた相田みつをの詩集を流されたという佐藤さんは、ルーズリーフに「震災ポエム」を書き始めた。

 

国語辞典を引きながら「再希(さいき)を目指して」「残された人こそ必詩(ひっし)に」などと自分なりの熟語を作り、支援者への感謝や海に対する思いをつづった。

 


1日4~10編を創作し、既に5冊目に入った。

 

担当職員の山崎智絵さん(27)は「不安や喜び、希望などを率直に表現し、次々に言葉を生み出している」と感嘆する。

 


詩の存在を知った合同出版(東京)が出版を企画。

職員らの後書きを添え、7月中旬に全国の書店で発売する。

 


恥ずかしがり屋の佐藤さんは「自分は弱い立場だけれど、ポエムを読んでみんなが少しでも元気になってくれればうれしい」と、ほほ笑んだ。

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/06/20110622t35026.htm

 


 

 

 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

[ 2011/06/24 17:40 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。