発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

障害者の親集いの場  東京多摩 読売新聞より

 

悩み相談療育の勉強

 

障害のある子を抱える親たちの悩み相談に応じ、共に療育の勉強などを行う「サポート・サロンぽかぽか」が今月、町田市福祉施設せりがや会館」にオープンした。

市内で活動する五つの親の会が設立した。

毎月第4金曜日には会員以外の人にサロンを開放する。

次回は4月27日。

親の会メンバーは「気軽に立ち寄ってほしい」と参加を呼びかけている。

 

障害児を育てる親のネットワーク作りに力を入れる親の会「町田サファイア・クラブ」の田中洋子さんによると、我が子に障害があると分かった時、その事実を受け入れることができず、周囲に相談できないまま悩んだり、療育に力を入れるが成果が出ず、心を病んでしまう親たちが多いという。

 

田中さん自身も、重度の知的障害がある次男信太郎さん(28)が幼い頃、落ち着きがなく、はだしで家を飛び出しては、近所の家に勝手にあがりこんだり、窓ガラスを割ったりと目が離せず、「毎日がご近所へのおわびまわりだった」と話す。

 

だが、「養護学校の先生に相談したり、親同士で話すことで『自分だけではない』と思い、ストレス発散ができていた」という。

 

そんな経験から田中さんは、同クラブを発足させた。

子どもの自閉症を受け入れることができず思い詰めた母親の悩みに耳を傾け、医療機関など専門機関につなぎ、自殺を回避できたこともあった。

田中さんは「親が子どもの障害を受け入れ、障害の特性を深く理解することが最も大切」と語る。

 

サロンの世話役代表で「町田市ダウン症児者を守る会 こばと会」の赤松正美さん(61)は次男の和雄さん(32)が生まれた時、ダウン症だと分かると、「この子は将来大学に行くことができないんだ」と悲観し、普通の生活すら送ることができないことがショックだった。

 

だが、同じ境遇の親たちに相談したり、ダウン症のことを勉強したりするなかで心が軽くなった。

また療育に取り組む中、我が子が自分で着替えができたり、数を数えることができるようになったりする姿を見て、「障害がある子どもを育てることは不幸ではない」と思うようになったという。

 

赤松さんは「サロンという拠点ができたことで、親同士の情報交換や活動がますます活発になる。悩んでいるお母さんには、子どもに障害があったとしても人生が終わったわけではなく、子どもにあった育て方と、母親の人生の楽しみ方があることを伝えたい」と話している。

 

サロンには、談話スペースと、発達障害知的障害などに関する書籍や、市内の障害者福祉施設のパンフレットなどが置かれている。

第4金曜日は午前10時から午後3時まで一般開放し、運営メンバーが相談に応じるほか、資料の閲覧ができる。

そのほかの日も、随時相談を受け付けている。

 

問い合わせは赤松さん((電)080・1133・4104)まで。

 

 

 

 

発達障害だって大丈夫―自閉症の子を育てる幸せ

 

 

発達障害の君を信じてる---自閉症児、小学生になる


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/03/27 15:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)
私は18歳の交通事故で障害者になっていたのも気づかずに昨年3月まで、一般のサラリーマンとして頑張ってきました。でも多くの障害者のお役にもたちたいと思い、大学では「障害者・高齢者の方々に関する住まいづくり」を研究し、老人ホームや知的障害児施設へ勤務した経験があります。関するところ、親御さんの責任と感じてなりませんでした。
[ 2012/03/27 17:02 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
困難を感じながらも、色々と頑張ってこられたのですね。
素敵ですね。


>関するところ、親御さんの責任と感じてなりませんでした。

▲ごめんなさい。
私は読解力がないので、智太郎さんの意図するところが判りませんでした。
何に関して、親御さんの責任なのでしょうか?
[ 2012/03/27 17:41 ] [ 編集 ]
アメリカで10年間に78%増加にはおどろきました。
それにしても、自閉症の原因が分からない!!!と言って、肥満まで原因に関与している、の発表には唖然としました。そんな研究する時間があったら???と思います。
私のカウンセリングの体験記録、関心ありませんか?電子図書にしたいのですが・・・
[ 2012/04/14 09:44 ] [ 編集 ]
サッチーさま
サッチーさま、ようこそ!

『結局の所、直接、間接の原因は判らないのね。』という意味を込めて、ワシントン大の方の
研究も乗せてみました。(笑)


私もサッチーさんと同じで自閉症・発達障害は治らないとは思っていません。
そもそも『治る』とは何を指して定義しているのかな?と思うことがあります。


我が家のように、様々なタイプの子どもがいると、それぞれの子どもで『治った』とする目標
地点が違うわけですし。


私の中では


1 子どもも、私もにこにこと笑って過ごせる生活が出来る事
2 親亡き後、生きていける身辺自立が確立できること
3 彼らなりの気遣い、優しさを人に示せること


この3つだけを大きな目標としています。

親としての望みは色々とありますが、それよりもまず、小さなステップを積み重ねる
ことによって大きな目標、『親亡き後も幸せに暮らすことが出来る・生き抜くことが
出来る』に繋がるのだと思っています。


確かに、素晴らしい療法はたくさん有ると思います。

でも、セッションが終わればおうちに帰ってお仕舞いの先生方と違い、私たち親は24
時間・365日、時に泣きたくなるような状態の我が子と関わっていかなくてはいけません。


そんな中で、大変な思いを強いられる除去や療法は、決して現実的ではないと思って
います。
何よりも親自身に負荷がかかりすぎたら、長続きは出来ません。

まして、笑顔が消え、余裕のなくなった状態の親には決して良い子育ては出来ないと
思います。(お受験などと同じですよね)

色々なケースの方がいて、どの療法が良いのかというのは一概には言えないと思います。
それは、その方々の置かれた環境も関係してきます。

一人子のご家庭で色々と頑張れるご両親なら出来る事も、我が家のような大所帯では難
しい事もありますし、逆に、兄弟がいるから毎日がソーシャルスキルトレーニング状態
というメリットもあります。

機械音除去も素晴らしいのですが、我が家のようにIT関係の仕事をしている家庭には
とてもハードルの高い話です。
常にサーバーは稼働していますし、PCは10数台動かしています。
おまけに、熱帯魚たちのフィルターなど様々なモーター関係も水槽10個分も動いています。

生活に直結している話ですので、どんなに素晴らしいことでもちょっと難しいです。


こういったことも含めて、そのご家庭のニーズと、環境、出来る事を踏まえて、細く長く
、何よりも笑顔をなくさずに無理なく出来る療法でないと出来ない当事者ご家庭は多い
と思います。


私、個人的には上記のように考えております。
それでも宜しければ、電子書籍化のご相談に乗ることは可能です。
[ 2012/04/14 15:00 ] [ 編集 ]
とても役に立つブロブです。
どうやって、こうした情報を集めてみえるのか?すごい技術がお有りなのでしょうね!!だから、お父さんが作って見えると思っていました。IT関係のお仕事をしていらっしゃるのですね!

機械音を除くことは、早期療育の特定の条件の子には、とっても効果があります。それでも、よくないらしい?と思って気をつけるだけでも違うのではないかと思います。

自閉症・広汎性発達障害の世界の研究の情報が得られるので、このブログは常時読んでいます。ありがとうございます。とっても嬉しく思っています。これからもお願いします。

私は、最近はブログでの、機械音を除去する事の情報提供にも限界を感じています。冊子ができたら、地域で活動を、と思っていました。

実際に、治った?と言う子ども達をいっぱい報告できるように!していこうと思います。
そして少しでも早く、予防にも役に立つ時代が来るように願っています。小児科学会・小児科医会が提言していますから・・・

あなたは信じてくださいますか?そういう乳幼児が含まれていることを、激増している原因の一つに、早期天才教育・英語教育などが関係しているかもしれません。そんな悲しい事があっていいのでしょうか?

是非、冊子を読んでいただき、感想をお聞きしたいと願っています。
[ 2012/04/22 10:31 ] [ 編集 ]
Re: とても役に立つブロブです。
サッチー様


コメントありがとうございました。

とても沢山のお褒めのお言葉を頂いて、なんだか、とてもこそばゆい様な感じです。(笑)

このブログの情報集に使っている技術は、そんなにすごいことではないのです、実は。

どちらかというと、こつこつ続けていく為のモチベーションと、手間、時間の方が大変だったり

しています。(笑)


私はITに関係があるものの、家人のような『システム屋』ではありませんので、家人から見ると

馬鹿みたいな事に手間を掛けている部分も有る様です。(苦笑)

それでも、こうしてブログを続けていられるのは、サッチーさんのようにコメントや拍手でさり

げなく応援してくださる方々がいらっしゃるお陰と、感謝しております。

実際、このところ、子どもたちのことで全く余裕が無くて、情報としては色々とと集めて目を通

しているものの、ブログにアップする気力・体力・時間が足りずお蔵入りしている物が山積みに

なっています。

ほんとに、どーすんの、これ?って感じです。(苦笑)


前置きが長くなりましたが。

サッチーさんへのお返事。

正直、どうお答えしたら良いのか、とっても悩みました。

なんてことで、お返事遅くなってしまい、大変失礼いたしました。


『機械音を取り除く』事について、信じるか?との事ですが・・・。

実際に、サッチーさんの著作物を拝読させて頂いたことは未だありませんし、

機械音を取り除いた生活をしている訳ではありませんので、『判りません』としか

お答えのしようが無いのです。


ここで『信じます』と答えれば嘘になってしまいますし、『信じません』と答えるのも

(自分で経験・体験・実験をしていないので)おかしいと思います。

ただ、自分自身の今までの経験則から言えるのは、

『何事も漢方の効き目のように、その人の体質、特質、環境諸々の要因によって、効き目のある人と

効き目の現れづらい、もしくは効かない人がいると思う。』

ということです。

様々なお考えの先生方がいらして、様々な療法が有りますが、結局は、実際に療育・育児をしていく

親自身が『良い』と思ったもののエッセンスを取り入れ、良いところや当事者さんに効果があった部

分をミックスした『○○家流療法』となっていくのだと思います。

ですから、『この方法で無いと駄目!』、『○○療法は全く効果の無いインチキだから信じちゃ駄目』

なんていうことをおっしゃる先生方の所での療育は、私にとってはちょっと息苦しいです。

そんな、私自身の思いと、サッチーさんの今までの弛みない努力の結晶としてのお考え(療法)への

尊敬、の両方から、誠意を込めて『判りません』とお答えさせて頂きます。



ちょっと、判りかねているのですが・・・。

サッチーさんは私に冊子の電子化をご依頼なさりたいのでしょうか?

電子書籍化は『自炊』と違いちょっと色々と面倒なことがあります。

そういったことも有りますので、もし、『ボランティア的に電子書籍化をして欲しい』と

いうご依頼でしたら、申し訳ありませんが遠慮させて頂きます。

上述致しましたように、今現在家庭内のことでいっぱいいっぱいになっておりますので、

これ以上沢山の事を抱え込むことは出来ません。

『お仕事』としてのご依頼でしたら、それはそれとしてお話を伺わせて頂きます。


ただ、電子書籍化をしてくれる会社は色々とありますので、実際に担当者と会い、打ち合わせの

出来る地元の会社の方がトラブルが起きづらいと思います。

どうしてもメールベースの打ち合わせのみだと難しい問題が起こってしまうこともありますので。


以上、宜しくお願いいたします。
[ 2012/04/29 06:45 ] [ 編集 ]
誠実なご返事に感謝!
答えにくい質問に誠実に答えて頂いてありがとうございます。
治る!と言っているのに、なぜ広がらないのだろうか?
と疑問に思っていましたので・・・
そらパパのブログにも何年か前に挑戦してみましたが、全く批判的でした。でも、あきらめないで頑張ります!

電子図書の件ですが誤解を招きごめんなさい。地元の知人がやってくれることになっています。でも、読んでくれる人があるか心配です。

学者の方の研究を考える時一つの症状には、理解できても、多くの症状、激しい多動・偏食・自傷行為(痛みを感じにくい)・睡眠障害・まぶしがる・・・そして非言語コミュニケーションと言語コミュニケーションの発達の遅れ、折れ線型の事、
すべてが解き明かされなければ本当でないと思っています。こんな研究にお金を使うのかなー?と思う事もあります。
学者が本気で機械音と自閉症について研究してくれる日が来る事を願っています。

今日、図書館で借りて本を読んだという方からの電話がありました。
英語テープと、音楽を流していた。と聞きました。
[ 2012/05/02 05:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。