発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自閉症に有効なバイオマーカー発見  バーグ・ファーマ・グループ  共同通信PRワイヤーより

 



【サンフランシスコ6日PRN=共同JBN】

米マサチューセッツ州ボストンに本社を置くバーグ・ファーマ(Berg Pharma)・グループ企業であるバーグ・バイオシステムズ(Berg Biosystems)およびバーグ・ダイアグノスティックス(Berg Diagnostics)は6日、カリフォルニア州サンフランシスコで開かれた米国ヒューマン・プロテオーム機構(US-HUPO)会議で、「バーグ・インタロガティブ・バイオロジー(Berg Interrogative Biology、登録商標)・ディスカバリープラットフォームを使った自閉症スペクトラム障害(ASD)バイオマーカー発見」のリポートを発表した。

この研究は自閉症の子供を持つ家族の細胞組織を評価することによって行われ、1人以上の子供を持つ一部のケースで、この疾患の苦しみを経験していることが分かった。

研究結果はバーグ・ダイアグノスティックスのミン・デュ・オミックス(網羅的分子情報)担当部長から発表され、バーグ・バイオシステムズの中枢神経疾患(CNS)プログラムリーダーのポーラ・P・ペレス氏は「この疾患は現在、行動観察によって診断されており、今日まで疾患に関連するバイオマーカーは特定されておらず、臨床的な実証もない」とコメントした。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120301/CL62900LOGO)
(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120305/CL64848LOGO)

自閉症は広く発症する傾向にある疾患であり、一部集団では重度で不可解な神経行動学的症状を伴う。

自閉症は現在流行状態にあると考えられ、今日の米国では110人に1人の子供が罹り、症例の男女性別比は4対1となっている。

バーグ・ファーマのニーブン・R・ナライン社長兼最高経営責任者(CEO)は「この疾患のスペクトルの性格から見て、実際のバイオマーカーや治療を実現する前に、自閉症表現型に特有の基本的な生物学的ネットワークを理解することが重要である」と語った。

ニューヨークにあるマウントサイナイ医科大学の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)専門教授、神経科学部長、フリードマン脳研究所長のエリック・ネスラー氏は「自閉症の生物学的異常を探るこれら高度に革新的なアプローチは、この疾患との関連がありそうな新しい遺伝子と生物化学的道筋を明らかにするものだ。バーグ研究チームがここで公表する結果は、早期診断とより効果的な治療に結びつく重要な出発点である」と語った。

バーグ研究チームは、生物学モデリングを進める蓄積データが、疾患と正常のサンプル間の差異を評価する生物情報モジュールに基づく人工知能の下で行われた大胆かつ純粋に不可知論的アプローチを採用した。

とりわけ、遺伝子学よりプロテオーム解析、代謝学、リピドミックス(脂質代謝)によるデータにより大きな関心が向けられた。

その結果得られたネットワーク生物学的ノードの主要ハブとして特定された3つの主要バイオマーカーは、SPTAN1、CORO1A、GLUD1だった。

神経心理学者でハーバード大学の精神・脳・健康・教育課程主任教授のステファニー・ピーボディー氏は「自閉症と類似症状のバイオマーカーの同定は、われわれが診断しこれら疾患を治療できるかも知れないやり方で、パラダイム変化に移行する基本となる。バーグ・グループはこの道のりに対する初の最も印象的で大胆な一歩を踏み出した」と語った。

さらに、これら3つの主要タンパク質のバイオロジーを推し進める関連のプロテインマーカーは、診断に役立つ可能性がある最終的な診断用パネルキットの主要課題になる可能性がある。

バーグ・ファーマはこれらマーカーの有効性を確認し、早期発見のためのテストキットを開発するために、より多くのタンパク質群を解析する次の一歩を踏み出すことを計画している。

バーグ・ファーマのランガプラサド・サランガラジャン上級副社長兼最高科学責任者(CSO)は「われわれは、自閉症のより明確な診断と患者の満足をサポートする取り組みの一環として、よりこれらの最新の発見の有効性をさらに証明したい」と語った。

バーグ・ダイアグノスティックスのシェン・ルアンCEOは「私は自閉症の子供を持つ一人の父親として、これまで提案されたさまざまな自閉症バイオマーカーのどれ一つとして臨床用途で証明されなかったという悲しい事実は、バーグが試みたアプローチのように、しっかりしたバイマーカー・ディスカバリープラットフォームが極めて必要であることを示唆している」と語った。

▽バーグ・バイオシステムズ(Berg Biosystems LLC)について
バーグ・バイオシステムズはマサチューセッツ州ボストンを本拠とする企業で、システム・バイオロジーに対する最新のアプローチを採用し、相互評価可能な生物学的成果を得るためシステム工学と生物情報モジュールを活用する。

バーグ・インタロガティブ・バイオロジー(登録商標)・ディスカバリープラットフォームは、医薬品発見と開発向けに治療およびバイオマーカー候補を迅速かつ的確に特定することができる。

同社は疾患の病態生理学を掘り起こすネットワーク・バイオロジー・テンプレートを利用する。

▽バーグ・ダイアグノスティクス(Berg Diagnostics LLC)について
バーグ・ダイアグノスティクスはボストンの本拠とする分子診断薬企業で、分子診断・治療法を加速する高処理量のオミックス・ベースの分子プロファイリング、バイオマーカー検証、規制下生物分析を提供する。最先端の計測機器プラットフォームを備えている同社は、治療法およびバイオマーカーの開発でプロジェクトの到達目標達成に触媒的役割を果たしている。
(了)

▽問い合わせ先
Ashley Potts
+1-617-939-1071

 

共同通信PRワイヤーより

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201203062920/

 

 

 

 

花の冠

 

 

海の石


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/03/08 11:14 ] 自閉症スペクトラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。