発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言語処理を司る脳部位、位置が違っていた 米研究 AFPBBnewsより

     

 

 

言語処理を司る部位がこれまで考えられていたのとは違う場所にあったとする研究結果が、30日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に発表された。

医学書を書き換える必要があるという。

1800年代後半にこの部位の存在を提唱したドイツの神経学者の名前にちなんだ「ウェルニッケ野」は、大皮質の後ろ側、音声を知覚する聴覚皮質の後ろにあると長らく考えられてきた。

だが今回、米ジョージタウン大学メディカルセンター(Georgetown University Medical Center)のジョセフ・ラウシェッカー(Josef Rauschecker)教授(神経科学)のチームが、MRI(磁気共鳴画像撮影装置)かPET(ポジトロン放出断層撮影法)を用いての言語知覚を調べた研究115本を分析したところ、ウェルニッケ野の新たな位置が判明した。

実際は、3センチほどの前面に寄っており、聴覚皮質の後ろではなく前にあったのだ。

ラウシェッカー氏は、「患者が発話できないか話が理解できない場合、のどこが損傷したのかに関してすばらしい手掛かりが得られた」と述べた。

なお、霊長類も今回明らかになったのと同じ場所にある部位で言語を処理していることが分かっている。

「人間と霊長類の間の(言語の)構造と処理は多くの人が考えているより似通っているかもしれない」とRauschecker氏は指摘した。(c)AFP

AFPBBnewsより

 

 

マンガでわかる神経伝達物質の働き ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!! (サイエンス・アイ新書)

 

 

最新脳科学で読み解く 脳のしくみ

 

 


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/02/08 21:25 ] 脳科学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。