発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニューヨークで映画『ぼくはうみをみたくなりました』が上映されました

     

 

 

先週末、アメリカで日本の『ぼくはうみをみたくなりました』(ぼくうみチャンネル(ニコニコ動画内)という映画の上映会が行われました。

2009年夏に上映された映画ですので、ご存じの方も多いと思います。

原作者の山下久仁明さんは、この映画の上映された年の春に、15歳で息子さんを亡くされました。

10才になるまで言葉を持たず、その後もオウム返し以上のことは難しかったという自閉症のご長男。

その春、中学校を卒業し、高等養護学校に入学する直前の踏切事故死だったそうです。

 


散歩が大好きな息子さんが一人歩きができるようにと何度も一緒に歩き、散歩コースにある店や住宅を訪ね、事情を説明し、理解を求め、少しずつ少しずつ一人でいる時間を増やし、やっと一人で散歩ができるようになったのだそうです。

しかし、ある日、コースをはずれ、踏み切りに・・・。

あと数十センチ反対路線側に踏み出せていたら、助かっていたかもしれないそうです。

 

自閉圏の子供を持つ親として、この話を知ったとき絶句しました。

15歳まで育て、やっと、これから、という矢先で・・・。

のたうち回る慟哭の末に、毎日の小さな小さな成長、小さな喜びを幸せと感

じられるようになった、そんな障害児の親だからこそ知っている子育ての喜

びを、ある日突然絶たれてしまう。

 

 

先日、支援センターのママ友が言っていました。

『あのね、うちの子もこの間、駅の線路内に入って、電車を止めてしまった

の。震えが止まらなかったよ。』

 

我が家も、いつ、そんな事故が起こるかもしれません。

 

だから、一人でも多くの方々に、自閉症・発達障害のことを知って頂けたら、

と思います。

『あれ?』と思った時に、ちょっと声を掛けて、保護をして頂ける、そのこと

がとても大きなことだと思うので。

 

 

 

NHKのサイトでも下記のように紹介していました。

ただ、リンクを張ろうとしたら、何故か記事がなくなってしまっているようなの

で、キャッシュからご紹介します。


 

NY 自閉症への正しい理解を邦画で

1月21日 15時40分

アメリカのニューヨークで、100人に1人の割合であるとされる自閉症を正

しく理解してもらおうと、日米の企業などが協賛して自閉症をテーマにした

日本映画の上映会が開かれました。

これは、日本の文化を紹介しているニューヨークの団体が、日米の企業

などの協賛を得て、20日に開いたもので、200人余りが参加しました。

映画は、自閉症の息子を15歳で亡くした脚本家の山下久仁明さんが制

作したもので、自閉症の少年が女子学生らと旅に出かけ、意思疎通がう

まく取れなかったり、突発的な行動を取ったりしながらも、次第に心を通わ

せる様子を描いています。

映画を見た人からは、「断片的にしか知らなかったことが理解できた」とい

った声が聞かれました。

ニューヨーク証券取引所を運営するNYSEユーロネクストのダンカン・ニー

ダーアウアーCEOは、「自分の息子も自閉症なので、こうした取り組みに感

謝したい」と話していたほか、三菱東京UFJ銀行の田中正明米州総代表は、

「自閉症の人を周りの人が温かく支えることの大切さが、日本映画を通じて

伝わったのは素晴らしい」と話していました。

 

NHKオンラインより

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:PlLewt_byCQJ:www3.nhk.or.jp/news/html/20120121/k10015438671000.html+%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E4%

B9%85%E4%BB%81%E6%98%8E%E3%80%80nhk&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

 

FCIでも紹介しています。

http://www.fujisankei.com/video_library/local-news/bokuha.html

 

 

 

山下さんのブログはこちら

おさんぽいってもいいよぉ (^-^)

 

山下さんも所属していらっしゃる(映画制作もバックアップしていました)町

田おやじの会HPはこちら

(どうしても母親が中心の会にはない、この適当に力の抜けた、しなやかな感じをいつもうらやましく拝見しています。どうしても、女性ってまじめすぎて、力が入りすぎてしまうのですよね。いや、私も含めて。(笑) 普段はグターっとしていても、やるときゃやるぜ、のおじさんたちってかっこいいですよね。)

 

町田おやじの会

 

 

 

ぼくはうみがみたくなりました [DVD]

 

 

 

おさんぽいってもいいよぉー―自閉症児ヒロキと歩んだ十五年

 

 

 

「障害児なんだ、うちの子」って言えた、おやじたち

 

 

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/01/29 04:16 ] 自閉症スペクトラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。