発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

発達障害の長男殺害、母親に懲役5年判決 YOMIURI ONLINEより

     

 

 

発達障害のある長男(当時4歳)を殺害し、長女(7歳)も首を絞めて殺そうとしたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた東京都内の無職女性被告(36)の裁判員裁判の判決が17日、東京地裁立川支部であった。

 

毛利晴光裁判長は「執拗で強い殺意があった」と述べ、懲役5年(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。

 

判決で、毛利裁判長は「同情の余地はなくはないが、発達障害の程度や家庭環境をみると、自殺や心中をしなければならないほどではなく、考えや動機があまりにも身勝手。人命を軽く見るにもほどがある」とした。

 

判決によると、被告は、昨年1月12日午後1時頃、自宅で長男の首をひも状の布で絞めて殺害し、同日午前7時頃と午後2時頃に、当時6歳の長女の首も絞め、1か月のけがを負わせた。

 

公判は、被害者である長女への影響に配慮し、被告の実名は伏せて進められた。

 

 

発達障害将来を悲観…長男殺害初公判

 

被告、犯行前に心中図る

 昨年1月、自宅で発達障害のある長男(当時4歳)を殺害し、長女(同6歳)も首を絞めて殺そうとしたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた清瀬市、無職の女性被告(36)の裁判員裁判の初公判が11日、地裁立川支部(毛利晴光裁判長)であり、被告は、「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 公判は、被害者である長女への影響を配慮した裁判所の判断で、被告の実名は伏せて進められた。

 冒頭陳述で、検察側はまず犯行の約1年前に、長男に軽度知的障害と広汎性発達障害があると知ってから、その将来を悲観して思い悩むようになった経緯を明らかにした。犯行の約3週間前には、長男や長女を道連れに自殺しようと家出し、自殺を思いとどまった後、被告の夫や双方の両親が心配して気にかけるようになったが、「自分が思い悩んでいる状況を相談することはなかった」と述べた。

 また、犯行後、被告と被告の夫、双方の両親で話し合い、被告の夫が翌日事故死を装って110番通報することを決め、実行したことも明かした。

 一方、弁護側は、「思い悩んだ末の犯行で、深く後悔している」と述べた。さらに、長女や夫が、再び被告と共に生活することを望んでいることを挙げ、「長女の健全な育成を考えれば、家族の元に返すのが最もふさわしい」として、社会生活を続けながら更生できるよう、執行猶予付きの判決を求めた。

 

 

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/01/17 20:23 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。