発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「2011年の7大研究」に韓国チーム=米誌 朝鮮日報より

     

 

 

韓国での自閉症研究

自閉症対策の政策と認識を変えるきっかけになってほしい」

 

 

韓国で行われた研究が国際的な学術成果として認められたことはうれしい。だが何よりもわれわれの研究が、自閉症をはじめ発達障害で苦しむ子どもや家族の助けになればと思う」

 

米国エール大学小児精神科のキム・ヨンシン教授(延世大学兼任)の研究チームと、韓国ルドルフオリニ社会性発達研究所(所長・コ・ユンジュ)が共同で実施した「韓国での自閉症スペクトラム障害の類型別研究」が、科学雑誌『ネイチャー』の「2011年の7大研究」に選ばれた。

 

選定の理由について、ネイチャー誌は「(これまで1%程度と考えられてきた)自閉症スペクトラムが、実は驚くほど多いことを示す証拠を提示した」「特殊学校だけでなく、一般の学校に通う子どもを調査しくまなく探し出したのは驚くべきこと」と評した。

 

キム教授は「われわれが考えている以上に、はるかに多くの子ども自閉症スペクトラムを発症している。この事実を初めて解明したことが注目されたようだ」と述べた。

 

研究チームが2005年から09年まで、高陽市に住む小学生5万人を対象に全数調査を行った結果、38人に1人の割合(2.64%)で「自閉症スペクトラム」が発見されたという。

自閉症スペクトラムとは、自閉症やアスペルガー症候群など、自閉症の症状を示すさまざまな障害を総称する用語だ。

これは、これまで1%前後と考えられていた従来の研究結果を大きく上回る数値で、この研究結果は昨年米国の精神科学会報に掲載され、韓国や米国などで大きな反響を呼んだ。

 

現在、キム教授の研究チームとルドルフオリニ社会性発達研究所は、自閉症スペクトラムの類型別研究に続き、発症率の研究も行っている。

同研究所のコ・ユンジュ所長は「時代、環境、地域特性など、特殊で多様な要因が自閉症スペクトラムの発症に関係しているかを明らかにするため、2007年から小学生を対象に調査を行っている」と述べた。

また、この研究と並行して遺伝子研究や脳の磁気共鳴画像装置(MRI)検査なども行っているという。

コ所長は「この研究を進めるに当たって最も難しかった点は、調査対象である小学生と保護者から信頼を得ることだった」「われわれの研究が政府による政策だけでなく、社会的な認識までも変えるきっかけになればと思う」と語った。

 

パク・チンヨン記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/16/2012011601295.html

 

 

 
 



走れ、ヒョンジン!

 

 
 
 
 

出版社/著者からの内容紹介

ヒョンジンは、大きくなっても心はずっと子どものまま。

母の育児日記は、いつまでなっても終わらない。

だから母は、息子より一日でも長く生きたいと願う。

自閉症の息子を、何とかして幸せにしたいと願う母の42.195キロより長い、人生のマラソン。

 

著者からのコメント

自閉症に対する社会の無理解、不認識を打ち崩すべく、2級精神障害児を子に持つ母の本音をぶつけた衝撃の手記!


「無理のさせすぎ」「継母のよう」と言われながらも心を鬼にして息子を「鉄人」と呼ばれるトライアスロン選手にまで育てあげた母の執念、そしてその裏に隠れた涙はこの世の親たちの胸を打つことでしょう。


単なる育児日記ではありません。


自閉症の子どものためにわが身を激しく燃焼させるある母の強さと弱さ、喜びと悲しみ、愛と憎しみはきっとあなたの「育児観」、「人生観」に一石を投じるに違いありません。
翻訳者 蓮池薫

 

著者について

著者 朴美景(パク・ミギョン)
1982年に結婚、翌年に第1子を産む。

その息子ぺ・ヒョンジンは4歳のとき「自閉症」と診断される。

以来、さまざまな教育法を試み、鋼のような意志と執念で、ヒョンジンをマラソンランナーに、さらには「鉄人」と呼ばれるトライアスロン選手にまで育てあげた。

本書はその過程を生々しくつづった手記である。

 

翻訳者 蓮池 薫
1957年新潟県生まれ。

中央大学法学部3年在学中に拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。

現在は新潟産業大学で朝鮮語の非常勤講師・嘱託職員として勤務するかたわら、中央大学に復学して法学の勉強中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 
 
 
 



母の大きな愛と力, 2007/10/8
By
ひろりん(カスタマーレビュー)
レビュー対象: 走れ、ヒョンジン! (単行本)
自閉症っていまだ世間一般にはあまりよく知られていませんが・・・
この本を読んで少しでも多くの人に理解してもらえればと思いました。

障がいはあるけれど、それもひとつの個性として受け入れられると 本人や家族はもちろん、彼らを取り巻くすべての人たちにとっても 日々を当たり前に、自然に暮らしていけるのに・・・と 願ってやみません。

ヒョンジンは「走れ!」といわれれば、いつまでも走り続ける力というか特性があります。
健常の人にはない、考えられない力を持っているのです。
このお母さんは、まさに息子と二人三脚で頑張っています。
でも、この頑張っている母の願いは・・・
息子よりも一日長く生きることだそうです。
胸を締め付けられるような、現実がそこにはあるのですね。

いろいろ考えさせられる本ですが
私は、母の大きなな愛と力、そして感動をもらいました!
 
 

 

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/01/17 11:48 ] 自閉症スペクトラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。