発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「奇跡の一本松」で応援歌 やなせたかしさんが作詞作曲 朝日新聞より

 

 

 
 

 

「陸前高田の松の木はいのちをつなぐ希望の木」――。

 

アンパンマンの原作者やなせたかしさん(92)が、東日本大震災による津波で、岩手県陸前高田市の名勝・高田松原に1本だけ残った松の木を見て歌を作った。

 

高田松原には震災前、海岸沿いに約7万本の松の木があった。

だが津波に襲われ、残ったのは1本だけ。大切なものを失った被災者のあいだで、いつしか「奇跡の一本松」と言われるようになった。

 

今にも倒れそうな一本松。

やなせさん自身も92歳になり、学校の同級生は2人しか残っていない。

「あとは全部死んでしまった。

漫画家の仲間もほとんどいなくなった。

わずかに3歳下の水木しげるがいるだけ。

僕自身も病気が多く余命はわずかだと思う」。

生き残った松が、自分自身と重なった。

 

5月30日付の朝日小学生新聞の連載「メルヘン絵本」で、「ヒョロ松さん」と呼ばれる一本松が枝をふるわせて歌っている絵を掲載した。ヒョロ松さんが歌うのが、今回作詞作曲した「陸前高田の松の木」だ。

 

 〈ぼくらは生きる 負けずに生きる 生きていくんだ オー オー オー〉

 

歌が下手な人でも大声で歌えるよう、メロディーは単純に。

7月発売予定のCDには、童謡歌手の大和田りつこさん、岡崎裕美さんと一緒に、やなせさん自身の歌声も入っている。

発売元などは未定だが、CDの売上金は全額寄付。

寄付先は陸前高田市と相談して決める。

 

「高田松原を守る会」の鈴木善久会長(66)によると、塩水につかった一本松の現状は安泰ではない。

葉の緑が日に日に薄くなり、赤茶けてきている。

「何とか生き抜いてもらいたい」。

地元の人は木の回りに防潮柵をつくったり、活性剤を与えたりする努力を続けている。

 

やなせさんは「我々の人生はいつも厳しい」と言う。

「僕を含めて、危機一髪のところを生きていると思う。しかし命のある限りは生きて仕事をしていきたい」。

 

被災した人とともに、困難を生き抜いていく。

一本松も、私たちも。(中島嘉克)

http://www.asahi.com/showbiz/manga/OSK201106140038.html

 

 

 

 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[tag] やなせたかし
[ 2011/06/15 11:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。