発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

後悔しないため最善を 放射能汚染から一人娘「守る」 東京新聞より

 

 

 
 

東京電力福島第一原発事故直後から、インターネットでの情報集めが欠かせなくなった。

横浜市磯子区のウェブデザイナー本橋一美さん(39)は毎日数時間、事故の状況や、各地の放射線量のデータなどを求め、モニター画面を追う。

 

これまで、環境やエネルギー問題に興味があったわけではない。だが、一人娘(3つ)を思うと、「すぐに影響がなくても五年、十年先は大丈夫なのか」。不安は消えない。

 

自宅は同原発から二百キロ以上離れていて、「放射線量は人体に影響がないレベル」とされる。

それでも三月いっぱいは、娘と妻(34)を岐阜県内の知人宅に預けた。

家族がそろった今、妻と一番気にしているのが、子どもに影響が大きいとされる、食品などによる内部被ばくだ。

 

牛乳は豆乳に、水道水はミネラルウオーターに切り替えた。

肉や魚は輸入物を、野菜もなるべく西日本産のものを購入し、卵は生産地域を確認して通販で取り寄せる。

米は来年のために、少しずつ買いだめしている。

 

放射性物質の被害を受けた農家のことは、気になる。だが、「流通している食品でも、後にがんになる危険性を指摘する情報もあって、自分の家族を守ることを考えればしかたない」。

 

四月から娘が通うようになった幼稚園に、給食で使う食材の産地の情報開示や、弁当の持参を求めたが実現せず、五、六月は休園させることにした。

 

被ばくを気にし、日中もほとんど屋外に出さず、自宅で過ごさせている。

アニメのビデオに笑顔を見せる娘の姿に安心しながらも、「この生活がいつまで続くのか…」。

ため息が出る。

 

震災後、開設したインターネットのサイトや簡易ブログ「ツイッター」で、同じように悩む親と情報交換を始めた。

それらを通じて知り合った仲間と今月初旬には、横浜市中区周辺を放射線測定器を手に回った。

 

一方で、「気にし過ぎじゃないの」という声も聞く。

娘をかわいがってくれる同居の祖父(85)にも「大げさじゃないのか」と諭される。

 

周囲との隔たりを感じるが、思いは揺らがない。

「後悔しないため、今できることをしたい。原発事故が収束していない以上、自分の家族は自分で守っていくしかない」

    

 

東日本大震災の発生から、間もなく三カ月。

震災を機に家族のありようを見つめ直すようになった人たちを紹介する。

 (この企画は寺岡秀樹、志村彰太、細見春萌が担当します)

 <放射線測定> 東京電力福島第一原発事故を受け、横浜市教育委員会は、市立小学校の給食の食材について、放射線量を測定する方針。

市教委は「流通している食品は大丈夫」との立場だが、保護者らから不安の声が相次ぎ、実施を決定した。

給食に代えて、弁当の持参も認めている。

 

一方、放射線測定器「ガイガーカウンター」の購入者も増加。

価格は数万円だが、自らの手で身の回りの放射線量を確認する人たちが増えている。

文部科学省は震災後、ホームページ上で、全国の放射線モニタリング調査の結果を公表。

担当者は「国民の関心はかなり高い」としている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20110609/CK2011060902000045.html

 

 

 
 


食卓にあがった放射能

 

 

 
 
 
 

内容(「BOOK」データベースより)

原子力時代の末期症状による大事故の危険性と、放射性廃棄物がたれ流しになっていくことに対する危惧の念。原発事故による食品汚染問題に備える。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 

高木 仁三郎
1938年群馬県生まれ。

1961年東京大学理学部化学科卒。

日本原子力事業NAIG総合研究所、東京大学原子核研究所助手、東京都立大学理学部助教授、マックス・プランク研究所研究員等を経て、1975年原子力資料情報室設立に参加。

1987年原子力資料情報室代表(98年まで)。

1998年高木学校設立を呼びかけ、校長に。

2000年10月8日逝去。

専攻は原子核化学(理学博士)。

多田謡子反権力人権賞、イーハトーブ賞、長崎被爆者手帳友の会平和賞、ライト・ライブリフッド賞、田尻賞受賞



渡辺 美紀子
1987年原子力資料情報室スタッフとなる。

おもに食品汚染、労働者被曝問題を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 
 
 
 



我々は、チェルノブイリを教訓にできなかったのか・・?, 2011/5/13
By 
-M "アメリ"
(VINEメンバー)    (トップ10レビュアー)   
レビュー対象商品: 食卓にあがった放射能 (単行本)

この本と反原発、出前します―原発・事故・影響そして未来を考える 高木仁三郎講義録チェルノブイリ原発事故の3冊を入手し、まずこの本から読みました。
私達が知りたい事、知っておくべき事が網羅されているような本だと思います。
この本のレビューを、すでに投稿なさって紹介してくださったワッフルさんに、感謝いたします。

誰が読んでもわかりやすく、放射能のこと、放射能汚染、チェルノブイリの放射能とその教訓などが書かれていました。
特に第4章から6章にかけての
「輸入食品と放射能汚染」「日本で原発事故が起こったら」「放射能にどう備えるか」は、知っておくべき重要なことで、大変興味深い記述です。
その他の章も含めて、全ての章が、一般人が知っておくべき事実や資料、科学的な知識が多く、熟読しようという意欲がわくような良書だと思います。
平易な言葉で書かれていますから、専門的な知識を持ち合わせていない私のような者が読んでも大丈夫でした。

読了後、特に印象に残った点があります。
チェルノブイリ事故から教訓を学ぶはずだったのに、何も我々は学ばずに同じ過ちを繰り返してしまったという事。

p41~42にかけての記述が心に深く突き刺さります。
著者いわく、「ソ連政府が国民に事故の真相の伝達を怠り続けたことは、今後のよい教訓となるだろう。」と書かれていたにもかかわらず、また事故が起きてしまった事が悲しすぎます。
医師で作家のシチェルバク氏の
「情報不足ゆえに、放射線恐怖症が人々の間に蔓延した」は非常に重い言葉です。

p106の「日本の原発は事故を起こさない」という主張をあまりにも楽観的とし、p111からの原発事故のシュミレーション、メルトダウンが起こったら~という節以降は、ぜひとも多くの方に読んでいただきたいような部分だと感じました。

1990年に講談社現代新書から出版された本(当時は別タイトル)の新装版です。
(食品汚染の実態は、チェルノブイリ事故後から間もない数年間の調査結果)

 

チェルノブイリ事故後のヨーロッパの食品汚染, 2011/5/11
By 
ワッフル -
(VINEメンバー)    (トップ100レビュアー)   
レビュー対象商品: 食卓にあがった放射能 (単行本)

チェルノブイリの原子力発電所の事故がヨーロッパに与えた食品汚染と日本への流入、政府や自治体や市民団体の対応などを記述しています。

放射性物質の汚染が広範囲(全ヨーロッパと西アジア)に及んだこと、飛散した核種と量、植物(野菜など)が吸収する汚染が葉からか根からかの時間差、食物連鎖で濃縮されること(魚など)、各国政府の対応の違いが大きかったこと、汚染された食品が途上国に売られたり加工用に流通(薄めれば基準値を下回る)したことなど。

以前読んだ野口邦和さんの『放射能事件ファイル』にも一部紹介されていましたが、この本のほうが広く詳しく丁寧に説明しています。

著者の高木仁三郎さんは放射線化学が専門で、日本の原子力の黎明期に発電プラントを開発する企業の研究所に勤務していました。

さすがに物理や化学の記述は確かと感じました(生物学や医学の記述の真偽は私には分かりませんが)。

著者が主催する原子力資料情報室で食品の放射能を測定した結果を掲載していますが、測定条件を知りたく思いました。

ですが、一般の人の関心外だし煩雑になると考えて省略したのでしょう。

今回の発電所の事故で、放射線や放射性物質の影響に関心が高まっています。

一方、ネットには誤解に基づく誤った情報が流布しています。

売れている本の中にも非科学的な記述が多くあります。この本は私たちに正しい知識を与えてくれます。

事故が発生したらまだ汚染されていない飲料水を直ちに確保すべきこと、ガイガーカウンタでは食品の放射能を計れないこと、その他、放射線や原子力を学んだ人には常識ですが、一般には知られていないことをきちんと説明しています。

 
 
 
 


 

 

 


内部被曝の脅威 ちくま新書(541)

 

 

 
 
 
 

内容(「BOOK」データベースより)

内部被曝とは、放射性物質を体内にとりこみ、長時間にわたって身体の内側から放射線を浴びることである。

恒常的に被ばくすることで遺伝子が傷つけられ、癌などを誘発するといわれている。

だが、このリスクを見極める研究は少なく、人体への影響をめぐっては議論百出だ。

本書では、ヒロシマでの被ばく後、六十年にわたり内部被曝の研究を続けてきた医師・肥田舜太郎と、気鋭の社会派ジャーナリスト・鎌仲ひとみが、内部被曝のメカニズムを解き明かし、その脅威の実相に迫る。

「劣化ウラン弾」などの大量使用により新たな様相を帯びる「核の脅威」に斬り込んだ、警世の書。

 

内容(「MARC」データベースより)

劣化ウラン弾による脅威で世界は覆われてしまった…。

微量の放射性物質による内部被曝のメカニズムを解き明かし、その実相に迫る。

劣化ウラン弾などの大量使用により新たな様相を帯びる「核の脅威」に斬り込んだ、警世の書。

 
 
 

 

 

 

 

 
放射線被曝には、外部被曝と内部被曝がある, 2005/12/11
By 
ヴィト原石 " " (茨城県)

レビュー対象商品: 内部被曝の脅威 ちくま新書(541) (新書)

放射性物質が体内にとりこまれる結果生じる「放射線による内部被曝」の怖しさについて書かれている.

広島原爆時に直接被爆していないが被爆直後に市内に入ったために重い放射線障害を受けた人々の例と、イラク、ボスニアなどにおける住民や米軍人の劣化ウラン弾による被曝の話が主に扱われている.

前者は著者肥田氏が広島での被爆体験にもとづいて、後者は鎌仲氏がイラク・レポートを原点にして書く.末尾に二人の対談が載っている

.話は具体的で説得力がある.これまで「内部被曝」が故意にといっていいほど無視されつづけてきた政治的あるいは社会的背景が明らかにされる.

戦時や戦地でなくても、日常生活を営む人々も、核実験や原発事故による放射性降下物や核廃棄物などを通して、内部被曝の問題と無縁ではいられない

.近時、原爆による被曝も含めて、「少しの放射線は心配無用」などと説く向きもあるが、この書は、放射線被曝、核実験、核兵器などについて改めて深く考えさせるものを提示している.

なお、いくつか印刷ミスがある.86頁8行目「放射線の強さは距離の二乗に反比例」に訂正.104頁12行目「シ-ベルト以上」に訂正.

 

白眉, 2011/4/29
By 
デカンショ (名古屋市)

レビュー対象商品: 内部被曝の脅威 ちくま新書(541) (新書)

肥田 舜太郎氏は1917年生まれの94歳(2011年4月)、反原発運動でも知られる。


現在も元気でつい先日も広島で講演をおこなっておられる臨床医である。


一般の人が最も知りたいのは自分が居住する地域で、今後どのような影響がどのくらいの期間続くのか、それに対する防御はどうすべきか、とりわけ内部被爆についていう事柄になると思われる。


肥田氏は原爆投下時、広島にて自身が被爆、以後は長年にわたり被爆者の治療を通じて、現実を詳細に知る貴重な存在で数あり、この本は類書の中でも郡を抜いて説得力がある。

内部被爆がいかに恐ろしいかを、原爆投下後、数週間経てから現地に入り、直接被爆していないにもかかわらず、死亡した広島・長崎の多くの例によって、説明している。


もっとも驚いたのは、原爆投下後から、アメリカが詳細に調査すると同時に、数十年にも及んで日本側には妨害・監視してまで一切、調査や発表させなかったという事実である。


また、政府の対応に批判が多いが、米国・英国・仏においても、過去に今回の福島に似たような事故では、放射能の問題を矮小化、ゴマカシ、論点のすり替えなどの政府・企業・マスコミの対応が同様であったことははじめて知ったが、基本認識として多くの人が知っておくべきである。


原発に限らず、国民側にたった論調の人物は全て黙殺されたり(アマゾンのレビュー等では工作員による酷評=そのレビューに対し投票と賛成の数が異常に多い)、メディアに頻繁に露出する学者やジャーナリストは言説にかかわらず、その反対ということになる。


鎌田 慧、広瀬 隆、内橋克人のようなジャーナリストに瀬尾 健、高木 仁三郎、河井 智康、矢ヶ崎 克馬、菅谷 昭、椎名 麻紗枝、山崎 正勝などの学者、医者等他にも多いが、こういう不利を承知で身の危険をもかえりみず、国民サイドにたった人たちが黙殺されている限り、状況は変わらない。

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
s ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2011/06/10 14:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。