発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親が申し込み 発達障害児支援 学校へ専門家派遣 東京新聞より

 

浦安市発達障害の子どもの通学教室を運営するNPO法人「発達わんぱく会」が、障害児が通う小学校や保育園へ、専門職のスタッフを派遣する支援サービスを始めた。

障害児が苦手とする集団生活になじめるよう、教諭らにアドバイスする。

四月に施行された改正児童福祉法に基づく事業で、浦安、市川両市内では初めてという。 (宇田薫)

 

これまで同様の訪問支援はあったが、学校や保育所が依頼し、事業所のスタッフが出張する形式が一般的だった。

今回の改正法では、希望する親が直接、事業所にサービスを申し込むことができる。

発達障害はアスペルガー症候群や学習障害など多様な症状があるが、知的、身体障害と比べ、支援体制が十分に整っていないと指摘されてきた。

 

訪問支援は障害児が通う小学校や保育園にスタッフが定期的に訪問し、症状に応じた板書の仕方や話し方をアドバイスする。

有料だが行政の補助もある。

 

同会は浦安市内の二カ所で「こころとことばの教室こっこ」を運営する。

臨床心理士ら専門の資格を持つスタッフが遊びを通じ、集団生活に適応できるよう支援している。

浦安市や市川市などに住む未就学児約七十人が通っているという。

 

教室に来る子どもたちが保育園や小学校に通うに当たり、親から「学校にも支援に来てほしい」という声が多く寄せられていた。

 

同会理事長の小田知宏さん(38)は「今までは母親が学校側に、こうしてほしいと伝えてきたが、分かってもらえないことの方が多かった。普段、子どものケアに当たっている専門家が入ることで、より良い支援がスムーズに進められる」と話している。

 

支援にはスタッフが子どもの症状を把握している必要があるため、教室の利用者を対象にするという。

同会の問い合わせは=電047(704)9411=へ。

 

東京新聞より

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120724/CK2012072402000116.html

 

 

 

 

 

発達障害のある子どもができることを伸ばす! 学童編

 

 

発達障害のある子どもができることを伸ばす! 幼児編

 

 

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/07/30 19:04 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。