発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

教員、発達障害の指導に悩み 中國新聞より

 

普通学級教員の約半数が発達障害のある子どもの指導に悩んでいる―。

県立広島大保健福祉学部(三原市)の山西葉子助教(作業療法学)の研究チームが三原市内の教員を対象にアンケートを実施。

適切な教育をすることを規定した学校教育法改正から5年が過ぎる中、現場の実態が浮き彫りになった。

 

チームは昨年12月から2カ月間、市立小中学校の計499人に成果などを尋ね、416人(83%)から回答を得た。

 

特別支援教育の実践について、普通学級教員257人のうち、小学校44%、中学校47%が「あまりしていない」と回答。

「全くしていない」は小学校2%、中学校14%あり、全体でほぼ半数が、対応できていない実感を持っていることが分かった。

 

小学校に比べて中学校で教員の達成感が低い結果について、山西助教は、教科ごとに担当教員が変わり、子どもに関わる時間が少ないことが一因とみる。

 

一方、管理職では「積極的にした」「そこそこした」が小学校計83%、中学校計94%に上り、現場の感覚とギャップがあることが明らかになった。

 

推進に向けての課題(複数回答)は「自分自身の知識不足」が小学校で68%、中学校で74%と最多だった。

「支援体制の人員不足」「支援が必要な子どもが多い」もおおむね50%を超えた。

 

広島県教委は、校内委員会の設置や保護者、専門機関との連絡役を担うコーディネーターの設置を各校に指示している。

だが山西助教はアンケート結果を受け「学校内の体制が追い付いていない。

具体的な対応策を示せていないことが、教員の悩みにつながっている」と指摘する。

 

 

中國新聞より

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201207070020.html

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/07/12 14:13 ] 特別支援教育 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。