発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

余録:不思議に思われるにちがいない。超難関大学に合格…  毎日新聞より

 

不思議に思われるにちがいない。

超難関大学に合格し在学中の成績も優秀なのに就職試験に落ち続ける。

就活に苦戦している若者は珍しくないが、発達障害のある学生にとって就活はとりわけ厳しい

 

▲「今日はいい天気だね」。

あまり意味のない会話が苦手だ。

「あなたの長所は?」。

それに答えるとどのようなメリットがあるのかを聞きたくなる。

以心伝心、言外の意味、周囲の空気を読む、ということがとても苦手な障害なのである

 

▲けっして少数ではない。

文部科学省の調査では学校で何らかの発達障害が疑われる児童は全体の6・3%に上った。

毎年大学を卒業する人のうち発達障害のある人は数千人規模でいるとの指摘もある。

親の育て方や環境のせいではない。

先天的な要因で起きるが、外見ではわかりにくいせいもあって誤解される

 

▲知的な遅れのある人は多いが、びっくりするほど知的能力の高い人もいる。

最近、歯科医師や公認会計士の資格を持つ人が「障害者枠」で企業に採用されたと聞いた。

「筆記試験は点数が取れても面接で落ち続けたらしいのです」。

人事担当者は大いに驚いていた

 

▲高性能の工業製品を大量生産して成長する分野に貢献できる人材が求められると、彼らは苦しい。

しかし、均質で間違いの少ない人材よりも、独創性や深い洞察力・執着心が評価される時代になるとどうだろう

 

▲エジソン、アインシュタインなどの天才はいずれも発達障害があったとされる。

彼らがいなければ人類の進歩はなかったはずだ。

イノベーションは横並び思考からは生まれない。

人事担当者様、発達障害の学生たちをよろしく。

 

毎日新聞 2012年07月02日

http://mainichi.jp/opinion/news/20120702k0000m070103000c.html

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/07/02 10:28 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。