発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kinectを利用して幼い子供に発症する自閉症を検知する研究 gpara.comより

 

Xbox 360用モーションコントロールシステム「Kinect」(キネクト)の応用例は、アカデミックな領域で数多く発表されている。

科学ニュースサイト“NewScientist”でも先日、興味深い例が報じられていたので紹介しよう。

これは、自閉症の初期症状が始まっている幼児を自動的にいち早く見つけ出そうというものだ。

自閉症スペクトラム障害は、子供がまだ幼いときに兆候を見極めるのは大変難しい。

だが、スピーチセラピーや社交・意思疎通のスキルを磨くためにも、発見は早ければ早いほどいい。

通常は、子供が遊んでいる様子を映したビデオを、経験を積んだ医師が見て判断するのだが、このやり方だと時間やコストがかかってしまう。

そこで、米ミネソタ大学小児発育研究機関は、部屋に集まった3〜5歳の幼い子供たちの動きを5台のキネクトで検知し、自閉症を発症している子供をいち早く見つけだそうとしている。

具体的には、まず、シルエットや服装の色により子供1人1人をキネクトで識別して、動きを追尾する。

そして、3台のPCに情報を送り、手足の動きを含む活動の様子を記録・分析する。

その結果を、部屋の中にいる子供たちの平均と比較する。

こうして、自閉症の兆候となる落ち着きのなさや、動きの少なさを特定し、専門医に診てもらって最終的な診断をくだすという。

「別の診断方法に切り替えるのではなく、万人が診断を受けられるようにしようという発想です。問題を抱える子どもに良い教師が目を留めるのと同じように、このシステムは自動的に問題をとらえ、専門医に診てもらう必要があることを知らせてくれるのです」と、研究者のギレルモ・サピロ氏は語っている。

言語習得の遅れや、少ないアイコンタクトを見極めるのには人間の専門医が必要だという指摘も受けているようだが、最終的には、乳児用の自閉症観察尺度で規定された行動を特定できるようにして、物体が目の前を通ったときの反応や、自閉症に特徴的な動作・姿勢などをも測定できるようにしたいとのこと。

さらには、ビデオゲーム仕立てにして、親と一緒に遊んでいるときに診断ができるようにする構想も練っているということだ。

(中島理彦)

gpara.comより

http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=30713&c_num=27


■関連リンク
該当記事(英語)※NewScientistより

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/05/15 23:19 ] 自閉症スペクトラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。