発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「理屈屋」に効果大 愛情生む「オキシトシン」  富山新聞より

 

愛情や信頼の感情に関係するとされるホルモン「オキシトシン」の影響が「理屈っぽい人」ほど大きくなることが、金大附属病院神経科精神科廣澤徹助教らの実験で26日までに分かった。

自閉症の症状改善や治療につながる研究で、同日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

 

廣澤助教は、「金大子どものこころの発達研究センター」の菊知充特任准教授らとの共同実験で、健常な成人男性20人にオキシトシンの点鼻薬を投与。

「怒り」「喜び」「無表情」「曖昧」の4種類の表情をした37人の顔写真計148枚を次々に見せた。

 

その間の脳の活動を測定し、写真の表情から「好意」「敵意」のいずれを感じるか判定してもらった。

 

実験の結果、全員が怒りの表情を見ると、不安などの感情を担う脳の扁桃体(へんとうたい)がほかの表情を見た時よりも活発に活動した。

 

ただ、物事を因果関係や法則性で考える傾向を示す「システム化指数SQ)」が高い人ほど、投与後の扁桃体の活動が投与前に比べて大きく低下していた。

「敵意」を感じた割合も下がった。

 

このことから、廣澤助教らは、SQの高い人ほどオキシトシンの影響を受けやすいと結論付けた。

 

オキシトシンは脳内で分泌されるホルモンの一種で、分泌量が増えると親子や夫婦の絆が深まるといった研究報告もある。

廣澤助教は「自閉症SQが高い傾向にあり、治療につながるよう研究を続けたい」と話した。

 

富山新聞より

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20120427102.htm


 

 

 

 

愛撫・人の心に触れる力 (NHKブックス)

 

 

オキシトシン―私たちのからだがつくる安らぎの物質


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/29 08:39 ] 自閉症スペクトラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。