発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

専門の調整役が支援 読売新聞より

 

「目から入る情報と、耳から入る情報とを統合するのが苦手です」。

 

4月13日、関西学院大学兵庫県西宮市)のキャンパス自立支援室

人間福祉学部2年の中村哲也さん(19)(仮名)が、困っていることを淡々と説明してくれた。

 

入学して間もなく、教員がスライドを使いながら話し続ける授業につまずき、大きなストレスを感じた。

ゼミの担当教員の勧めで医師の診察を受けると、「視覚と聴覚の情報の同時処理につまずく」との所見がついたため、自立支援室を訪れた。

 

支援室では、発達障害専門のコーディネーターである鈴木ひみこさん(26)が対策を検討。

事情を担当教員に説明し、「スライドを印刷したレジュメを渡してほしい」と頼んでくれた。

スケジュール管理が苦手で、テストが重なると混乱し、単位を落としてしまうことがある中村さんのために、優先順位が一目で分かるスケジュールも作ってくれた。

 

「先生の配慮で、授業が分かりやすくなった」と中村さん。

「大学院に進学し、人間の身体構造などを研究したい。2次元を瞬時に頭の中で3次元に置き換えることができ、空間的処理には自信がある」と目を輝かせた。

 

1910年代に視覚障害の学生を受け入れるなど、同大の障害支援は長い歴史を持つ。

2006年には、自立支援室の前身となるキャンパス自立支援課を設置。

障害学生を支援するコーディネーターを置き、ノートテイクなど学生有償ボランティアの育成を本格的に始めた。

 

だが、発達障害への対応は手薄だった。

臨床発達心理士などの資格を持つ鈴木さんも、11年に採用されたばかりだ。

米山直樹教授(43)(臨床心理学)は「視力や聴力など基準が分かりやすい他の障害に比べ、発達障害はどこから支援すべきか、その判断が難しい」と説明する。

 

現在は、診断のない学生も含めて16人が鈴木さんらの支援を受ける。

「それぞれの学生の『困り感』をきちんと評価し、具体的にどのような支援が必要なのかを正確に判断することが重要だ」と鈴木さんは話す。

 

課題は、発達障害の自覚がないままトラブルを起こす学生への支援だ。

教職員向けの研修などで発達障害への関わり方を指導するなどして、間接的に支援しているという。

 

最適な支援を見極めながら、学内の調整に走るコーディネーターの使命は、大きく重い。(保井隆之)

 

メモ 

2007年度から本格的に始まった特別支援教育で、学内外の連絡調整役となる「特別支援教育コーディネーター」が位置づけられた。

各校で校長が指名する。

文部科学省の10年度の統計によると、指名率は幼稚園で56.4%、小学校99.3%、中学校94.8%、高校79.1%。

大学でも特別支援教育コーディネーターの名称で、専門職員を配置する動きが出始めている。

 

 

 

 

発達障害のある高校生への大学進学ガイド──ナラティブ・アプローチによる実践と研究

 

 

大学生の発達障害 (こころライブラリー イラスト版)


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/22 09:43 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。