発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

対人関係の悩みも対応  読売新聞より

 

教員と向き合い、授業でつまずいた箇所を個別指導してもらう学生たち。

中には対人関係の悩みを教員に打ち明ける者もいる。

4月9日、日本工業大学(埼玉県宮代町)の学修支援センター。「ここは学業に限らず、大学生活の悩みを解消する場」と、同センターの田中佳子准教授が説明してくれた。

 

2005年に開設された同センターは、専属教員が常時待機し、高校レベルの数学、英語、物理、国語などを基礎から指導。

夏休みなどには不得意分野の克服講座も開いている。

波多野純学長(65)は、「勉強についていけず、留年する学生が目立っていた。その対策として、大学内に“家庭教師センター”が必要だと考えた」と振り返る。

 

ところが、開設からしばらくたつと、発達障害が疑われる学生の存在が目立つようになった。

工学系大学のため、卒業論文はチームで取り組むが、研究室内で人間関係を築けないのだ。

実際、臨床心理士がいる学生相談室には、発達障害の診断を受けた学生が、入学前に親と支援を求めてくるケースも増えていた。

 

一方、こうした学生を教える教員の中には、自分の指導方法に疑問を持ち、悩みを抱える者が現れてきた。

大学を挙げて発達障害に取り組む必要に迫られ、センターでも対応することになった。

 

発達障害が重かったり、不眠やうつなどの二次障害が出ている場合、学生相談室の臨床心理士が対応する。

センターの田中隆治准教授(60)は「そうした子を学生相談室へとつなぎつつ、教務課や担当教員などと情報を共有するための『橋渡し』を果たすのもセンターの役割です」と強調する。

 

数年前に卒業したアスペルガー症候群の男子学生は、授業中に立ち歩いたり、奇声を上げたりする行動などを理由に、高校を退学させられた。

高卒認定試験を受けて入学してきたが、発達障害を理由にいじめられた体験がよみがえると、パニックになった。

 

本人と親の許可を得て、研究室の学生に発達障害を公表した。

パニックを起こした時は、同センターで気持ちを落ち着かせるなどの対応を取った。

周囲の理解が得られ、学生の表情は日増しに明るくなっていった。

今は、就職活動に励んでいる。

 

「橋渡し」を介した全学的取り組みと自立まで寄り添う姿勢が、発達障害の学生を支えている。(保井隆之)

 

二次障害 

本来の発達障害が原因で環境との不適応を起こし、二次的に派生した問題。

周囲の無理解や誤解、叱責や失敗体験が重なることで自尊心が低下し、夜尿などの神経症的症状、抑うつなどの情緒的症状、非行などの問題行動、不登校などが表れる。

不適切な環境に長くいると、二次障害の方が大きくなることもある。

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/22 09:25 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。