発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特別支援の手法 通常学級に 読売新聞より

 

和歌山県で今年度から、特別支援教育のノウハウが、公立小中学校の通常学級に導入されることになった。

通常学級で学ぶ軽度の障害児の手助けになる上、障害がない子どもたちにも、効果が期待できるためだ。

 

発達障害知的障害の子どもらが通う県内の特別支援学校などでは、掲示物は教室の後ろに貼って、授業中に気が散るのを防いだり、教師が説明にジェスチャーを交えて、理解を図ったりしている。

 

県は「特別支援教育の手法を導入することで、授業が分かりやすくなり、子どもたちの集中力も高まる」として、昨年度、22校を研究校に指定し、試験的に取り組んだ。

 

その一つ、岩出市立中央小学校で3月15日に行われた5年の国語の授業。

金谷静香教諭(24)が手紙の例文を書いた模造紙を貼り出すと、全員が「拝啓、桜のつぼみもふくらみ……」と、一字一句を指さしながら、声を上げて読んだ。

 

金谷教諭は「体を動かし、声を出すことで、集中力が途切れない。うつむいていたり、雑談したりする子がいなくなった」と手応えを感じている。

 

県は研究校の実践事例集を作成し、今月中に全小中に配る予定。

夏には教員向け研修会も開く。

県教委の田村光穂・学校指導課長(53)は「各校の実情に応じて積極的に活用してほしい。将来的には高校にも広げたい」と話す。

 

特別支援教育を通常学級に生かす取り組みは、同県や東京都日野市、岡山県などの自治体と、一部の教員団体にとどまる。

佐藤慎二・植草学園短大教授(52)は「和歌山のような全県的な取り組みが全国に広まってほしい」と話している。(和歌山支局 落合宏美)

 

 

 

 

LD・ADHD・アスペルガー症候群児の進路とサポート

 

 

教室でできる特別支援教育のアイデア172 小学校編 (シリーズ教室で行う特別支援教育)


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/18 17:11 ] 特別支援教育 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。