発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特別支援校の生徒急増 中國新聞より

 

高等部、10年で2倍 島根県、2校の校舎増築

 

photo

島根県内の特別支援学校に通う知的障害の生徒が急増している。

高校に特別支援学級がないことから、特に高等部はここ10年で2倍近くの439人に増えた。

県教委は「障害に対する保護者の認識が高まったことや、発達障害との併発など障害の多様化が要因」と分析。手狭になった校舎の増築など対策に追われている。

 

県教委によると、特別支援学校6校の高等部に通う知的障害の生徒は2011年度439人で、02年度に比べ約1・9倍となった。

6校の小学部は134人で4割増、中学部は107人で3割増。

高等部の増加が際立つ。

 

傾向は都市部で顕著で、松江養護学校松江市)と出雲養護学校出雲市)の高等部はそれぞれ10年間で4割増の116人、2・3倍の142人。

 

このため県教委は11年10月、両校の校舎拡充に着手。

12年4月からの利用に合わせ、松江養護は約6キロ南西の松江高等技術校跡地にプレハブ平屋2棟(計約800平方メートル)を新設。

3年生の一部が通い始めた。

出雲養護は敷地内にプレハブ平屋と2階建て(延べ計約1400平方メートル)の仮設校舎を新設した。

松江養護は技術校跡地の鉄骨3棟(延べ計約2500平方メートル)も改修した。

 

民間業者と5年間のリース契約を結び、建設費や賃料など総事業費は両校で計約8億3千万円。

生徒数の推移をみて、本校舎の新築も判断するという。

 

県教委によると、高等部では教員不足も課題。

専門の免許を持つ新卒者の採用が足りず、講師でカバーしているという。

高校教育課は「新卒の採用枠を増やし、教員には専門免許の取得を呼び掛けたい」としている。(樋口浩二)

 

中國新聞より

http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/child/news/120414.html

 

 

 

 

特別支援教育基本用語100―解説とここが知りたい・聞きたいQ&A

 

 

自閉症児さとしの一日―物語から学ぶ発達障害


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/18 16:00 ] 特別支援教育 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。