発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

告知して自立を後押し 読売新聞より

 

「ノートテイクをして下さる方を探しています」などと書かれたチラシが、掲示板にぎっしりと並ぶ。

 

4月10日、日本福祉大学(愛知県美浜町)の障害学生支援センター。

「障害学生自身にボランティアを見つけてもらう。自立した学生生活を送るためです」と同センター長の藤井克美教授(66)が説明してくれた。

 

同大は10年以上前から、発達障害支援に取り組んできた。

初代センター長の近藤直子副学長(61)は「当時はLD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)という用語は一般的でなく、MBD(微細脳機能障害)とひとくくりにされていた」と振り返る。

 

学生約5400人のうち、障害学生が視覚、聴覚障害、肢体不自由なども含め100人を超える同大は、「セルフコーディネート」という考え方を掲げる。

大学は、社会に出て自立した生活を送るための力をつける場であり、支援を待つのではなく自分から要望する姿勢が必要になる。

 

発達障害の学生のためには、2010年度から「個別学習支援計画」を導入した。

自分の特徴などを記した自己カルテを基に、配慮してほしい項目などを記入したもので、本人が教員に伝える。

「教員が作る、高校までの『個別の指導計画』とはそこが違う。自分に必要な支援も明確になる」と藤井教授は話す。

 

発達障害を学生本人に伝えるかは、どの大学も頭を悩ますが、同大は告知する立場を取っている。

「学生生活の先に就労という問題が待っている。就職活動では、自分を客観化して強みと弱みを分析することが不可欠で、診断はそのためのステップになる」と近藤副学長は強調する。

 

数年前に卒業した後藤真輔さん(仮名)は、アルファベットを読むのに困難を抱えるLDだった。

小学生の時に診断されたが、「孫を障害者にするのか」と祖父母が反対し、両親は告知せずにきた。

同大は入学前に告知を勧めた。

 

診断名を知った後藤さんは「自分に能力がないからだと思っていたけれども、そういうことだったんですね」と、ほっとした表情を浮かべたという。

教員から講義を録音する許可を得て、パソコンで文字を分かち書きするなど、自分なりの工夫を重ねた。

 

「正月には『元気に働いています』と年賀状が届いた」と顔をほころばせる近藤副学長。

発達障害というレッテルを貼るためではなく、適切なサポートのための告知だったと再確認した」と語る。(保井隆之)

 

MBD(微細脳機能障害) 

微細脳機能不全とも言われる。知能障害や明らかな脳障害がないにもかかわらず、認知、言語、注意、協調運動などに障害を示す症状の総称。

認知面の問題を取り上げたLD(学習障害)や、行動面を取り出したADHD(注意欠陥・多動性障害)の概念が広がり、使われなくなってきている。

 

 

 

 

 

通常学級での特別支援教育のスタンダード

 

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/04/15 09:49 ] 広汎性発達障害 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。