発達障害関連の書籍案内

発達障害関連の売れ筋・トップセラー書籍のご紹介をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[tag未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

命を守る教育:3・11から1年/下 障害がある子供たち、種別や程度で変わる支援 /宮崎  毎日新聞より

 

「『困っています』『助けてください』と自分から声をかけるように」。

目が不自由な児童生徒35人が通う県立明星視覚支援学校(宮崎市)の別府宗光教頭は、東日本大震災後、子供たちにそう指導している。

地震時に津波が迫るのに気付かず、逃げ遅れる危険性があるからだ。

同校は海岸から3キロにあり、別府教頭は東日本大震災で被害が大きかった福島、宮城、岩手の視覚支援学校(盲学校)3校に電話して震災時の状況を尋ねた。

 

震災が発生した午後2時46分は下校時間帯で、一人で帰宅途中に震災に遭遇した子供たちもいた。

そんな中「白杖(はくじょう)を持っている子の場合、周囲が視覚障害者だと気付いて声をかけられることが多かった」という。

福島県相馬市では、目が不自由な生徒が電車で帰宅中に地震が発生。

白杖に気付いた隣の乗客が声をかけ、電車が津波にのまれる前に避難できたという。

自分から「何が起こったんですか?」と尋ねて避難した子供もいたという。

 

校内で災害が発生すれば、避難経路内の障害物の有無、煙を避けるための風向きなど、教職員が校内放送で伝える。

しかし「知らない場所で災害に遭遇したら一人で情報を集めないといけない。

まず自分には障害があると周囲に気付いてもらうことが大切」と別府教頭。

気後れせず周囲に声をかけられるよう、同校では普段の授業でも自分の意見を発表したり、地域住民らと交流する機会を増やしたという。

 

思春期の子供たちにとって障害を周囲に伝えることは、周りが思うより葛藤が深い。

自分の障害に気付き、受け入れていく心の成長過程にあるからだ。

県立延岡ととろ聴覚支援学校(延岡市、17人)の松田朝子校長は「誰だって自分の弱みは明かしたくない。障害があってもできることはたくさんあるけれど、できないことがあることも認めて相手に伝えていくのは大変なこと」と話す。

 

災害について考えてもらおうと、同校は昨年5月の避難訓練で、台の上に子供たちを乗せて職員が交代で揺らし、地震を疑似体験させた。

さらに2月、聴覚障害があるドキュメンタリー映画監督、今村彩子さんを招き、被災地で生きる聴覚障害者について講演してもらった。

「みんな自分のことに置き換えて重く受け止めたと思う。聴覚障害は情報障害で、子供たちが周囲から必要な支援を得られるように導くのは教育の大切な役目」と話す。

 

毎日新聞の昨年10月の調査によると、東北3県の沿岸部自治体で、身体、知的、精神の各障害者手帳所持者に占める犠牲者の割合は約2%に上り、住民全体の死亡率に比べ2倍以上高かった。

県特別支援教育室は、各特別支援学校に、登下校の経路を把握し、保護者との緊急連絡網を整備することなどを通達しており、松田律子指導主事は「障害の種別や程度によって必要な支援は変わる。マンツーマンに近いきめ細かな対応を求めたい」と話す。【川上珠実】

 

毎日新聞より

 

 

 

 

高齢者・障害者の災害時の避難支援のポイント

 

 

災害列島に生きる ストレス障害と「こころのケア」 (最先端医療の現場から)


 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
スポンサーサイト
関連記事

[ 2012/03/12 03:58 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)

2011年10月26日 楽天ブックス 二次障害 関連の売り上げランキング

今日のランキングはこちら。↓
気になるタイトルが有りましたら、クリックしてご覧ください。

  • 竹中晃二
  • ISBN: 9784904011379
  • サンライフ企画
  • 木村慧心
  • ISBN: 9784882828013
  • 産調出版
4 位万病のストレスを解消する!泣き笑い健康法
5 位急激なストレスからお腹を守る腸内リセット術
6 位ストレスがなくなる脳のつくり方
7 位ストレス知らずの対話術
8 位二次的外傷性ストレス
9 位平常心を鍛える
10 位健康の謎を解く
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

[tag] ストレス 災害
[ 2011/10/26 00:25 ] 二次障害 | TB(0) | CM(0)

障害者の震災対策で討論 宇都宮 下野新聞より

     
 

 

東日本大震災の影響を教訓に、災害時の障害者支援の在り方を考えるパネルディスカッション「災害障害者」(栃木障がいフォーラム主催)が8日、宇都宮市のとちぎ福祉プラザで行われた。

県内の障害者団体の代表ら5人が避難所や、計画停電時の障害者の苦難を報告。障害の特徴に応じたケアの重要性が浮かび上がった。

 

宇都宮市自閉症児親の会の原田久美子会長は「計画停電の際、予定時間に停電にならなかったため、パニックを起こす子どもが結構いた」。

自閉症は想像力やコミュニケーションの障害がある。原田さんは「障害に合わせた対応が可能な福祉避難所を用意してほしい」と訴えた。

 

栃木頸髄損傷者連絡会の斎藤康雄会長は体温調節などが困難な障害の特徴を挙げ「独立した福祉避難所も重要だが、健常者と同じ避難所の一角に、配慮した場所を確保してもらう方がいい」と話した。

 

県聴覚障害者協会の稲川和彦会長は「テレビが情報源だった高齢者は、計画停電の意味が理解できなかった」と情報確保の難しさを吐露。

 

県精神障害者援護会の興野憲史理事は「精神障害者は薬がない場合、一般の人が想像できない行動をとることがある。避難所ではトラブルになっている」と肩を落とした。

 

非常食に配慮を訴えたのは、県腎臓病患者友の会の竹原正義顧問。

「塩分の多いおにぎり、カリウムが豊富なバナナは、透析患者が食べられない」と理解を求めた。

 

 

下野新聞 7月9日より
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20110709/560516

 
 
ポチッと一押しお願いします。
夜中の孤独な作業の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事

[ 2011/07/13 18:53 ] 東北大震災と発達障害 | TB(0) | CM(0)
このブログは
記事更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
記事のキーワード検索
カテゴリ

openclose

リンク
日本ブログ村PV
横断検索
task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat
日本語→英語自動翻訳
Yahoo ! ニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。